Periodontal Treatments歯周病の治療

歯周病は治りますか?
どのぐらいかかりますか?

悩む女性

「歯周炎が治る」とは、定義によって意味合いが変わってしまいます。歯周炎で失った骨や歯ぐきが完全に元の健康な状態と同じように再生されたような状態を「歯周炎が治った」とすると、これを確認する方法は組織切片を作って顕微鏡下で観察するしか方法はありませんので、残念ながらほとんどの場合は治ったかどうかわからないと言うことになります。

さらに、部分的に治った状態は推測できますが、完全に治った状態を作ることは非常に難しいと言えます。もう1つの定義として歯周炎による炎症がなくなり継続的に歯ぐきの状態が安定している状態を「歯周炎が治った」とすると、これは現実的に多くの場合達成することができます。

つまり、この定義では「歯周炎を治す」ことはできます。これには、患者さんご自身のセルフケアと歯科医院での専門ケアの両方が必要不可欠です。

なぜなら歯周炎は一旦なってしまうと病気が進行しないように一生付き合って行かないといけない病気なので、その後常に再発しないように歯ぐきの状態が安定しているかどうかを歯科医院でチェックする必要があります。また、歯周炎になりやすい人はさらなる注意が必要です。

歯周病を治すのに
どうすればいいか

歯周炎を治すには、患者さんご自身のセルフケアと歯科医院での専門ケアの両方が必要不可欠です。なぜなら歯周炎は一旦なってしまうと病気が進行しないように一生付き合って行かないといけない病気なので、その後常に再発しないように歯ぐきの状態が安定しているかどうかを歯科医院でチェックする必要があります。

患者さんご自身のブラッシングなどのセルフケアはプロフェッショナルケアである歯周炎治療の長期的成功を達成する上で必要不可欠ですし、歯ぐきの状態を長期的に安定した状態に持っていくためには歯科医院での予防メインテナンスが
必須です。

治療

この患者さんによるセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアのバランスが崩れてしまうと病気が再度進行していく可能性があります。また、個人によって歯並びや細菌に対する免疫反応が異なっていますので、その人のリスクに合った予防メインテナンスを当院では行っております。

まずは、歯周病になりやすいかどうかを検査をしてご自身の病気に向き合うための長期的なサポートをさせていただければと思います。

軽度歯周病の治療

軽度歯周病の治療

軽度歯周病の治療方法

治療の目的は患者さんがご自身で適切に清掃でき長期的に健康を維持できる状態を整える事ですので、患者さん自身が適切にプラークを除去できるかどうかをまず確認します。

それができているようであれば歯ブラシや清掃器具が届くように歯の周りの炎症を除去していきます。できないようであれば歯周炎が治療後再発する可能性があります。歯ぐきの炎症を除去するには麻酔をして歯ぐきの下についている歯石や細菌性プラークを除去していきます。

軽度の歯周病の患者さんは条件にもよりますがほとんどこの治療で炎症を除去できます。炎症が減少し健康な歯ぐきになれば、その状態を維持するためのメインテナンスへ移行します。

このように歯周治療にはアクティブな治療の終わりはありますが、健康な状態を長期的に維持するためには継続的に歯周炎の予防メインテナンスを続ける必要があります。

中等度歯周病の治療方法

歯周病治療の目的は患者さんがご自身で適切に清掃でき長期的に健康を維持できる状態を整える事ですので、患者さん自身が適切にプラークを除去できるかどうかをまず確認します。それができているようであれば歯ブラシや清掃器具が届くように歯の周りの炎症を除去していきます。できないようであれば歯周炎が治療後再発する可能性があります。

歯ぐきの炎症を除去するには麻酔をして歯ぐきの下についている歯石や細菌性プラークを除去していきます。中程度の歯周病の患者さんも軽度と同様に条件にもよりますがほとんどこの治療で炎症を除去できます。

中等度歯周病の治療

しかしながら、初期の歯周治療でも炎症が残るような場合は外科治療を行なっていくこととなります。

軽度の治療と同様に、炎症が減少し健康な歯ぐきになれば、その状態を維持するためのメインテナンスへ移行します。このように歯周治療にはアクティブな治療の終わりはありますが、健康な状態を長期的に維持するためには継続的に歯周炎の予防メインテナンスを続ける必要があります。

重度度歯周病の治療方法

基本的な歯周炎治療の流れは、他の歯周炎治療と同様ですが、歯ぐきの炎症を除去するためのSRPなどの初期治療に加えて外科治療が必要になることが多くの場合があります。

さらに、疾患の進行度によっては抜歯が必要になってくるケースもあります。外科治療には歯周組織再生療法や切除療法などが含まれます。他の歯周炎治療と同様に、炎症がなくなり歯ぐきの組織が安定すれば、再発を防ぐための予防メインテナンスを行なっていきます。

重度度歯周病の治療
重度歯周病治療

根分岐部病変

痛み

根分岐部病変について

根分岐部病変とは、奥歯の歯の間の根が分岐している部位に特異的に歯周炎が進行した病態のことを言います。これは、様々な文献によって長期的な歯の生存を決定づける重要なファクターであることが報告されています。

つまり、分岐部病変がある程度進行してしまうと将来的に歯を失う可能性があるのです。

一方で、根分岐部病変の治療の難易度は高くアメリカ歯周病学会の治療ガイドラインでは根分岐部病変の治療もアメリカ歯周病専門医による治療が推奨されています。

根分岐部病変の進行度

根分岐部病変の進行度を評価するために用いられる方法はいくつか報告されています。当院で行なっている評価方法は主に重症度によって3段階で根分岐部病変の進行度を分析しています。

進行が軽度の場合は治療の難易度も高くなく予知性も良いですが、中程度から重度に進行してしまうと治療の難易度は高くなってしまいます。

根分岐部病変治療の流れ

歯周組織検査にとX線写真診査によって根分岐部病変の診断をした後に、初期治療を行い炎症をできる限り減少させます。その後、外科治療が必要であれば根分岐部病変の進行状態に合った外科治療を選択します。

外科治療には、切除療法、歯周組織再生療法などが含まれます。その後、根分岐部病変がどの程度改善しているのかを再評価し、歯ぐきの状態が安定していれば再発が起きないように予防メインテナンスを行っていきます。

流れの説明

下がった歯茎

下がった歯茎

歯ぐきが下がってしまい、冷たいものがしみる、歯磨きが難しい、見た目が悪くなってしまうなどの症状はありませんか?

歯ぐきが下がった状態を改善するには、根面被覆という方法があります。これは、歯ぐきの移植を行なったり、下がってしまった歯ぐきの位置を改善することで露出している歯の根面をカバーすることを目的としています。

歯ぐきが下がっている部位の歯の形や歯ぐきの形・厚さなど様々な条件によって治療方法や治療テクニックの選択を決定
していきます。

また、矯正治療の後に歯ぐきが下がってしまったという患者さんも多く来院されています。矯正治療後に歯ぐきが下がってしまうことが事前に予測できている場合は、矯正治療前に根面被覆を行うことで将来的な歯ぐきの退縮が予防できることもあります。もしも歯ぐきが下がって心配などありましたらご相談下さい。

保険による歯周病治療の限界

検査の限界

保険の検査には1点法や4点法や6点法などが存在しています。これはどういう方法かいうと、例えば1点法は、1本の歯の周りの歯ぐきの溝の中で深い部位だけ1点のみを記録しているということです。

もし仮に28本歯がある人であれば、1点法で検査をすれば28本の深い部位のみの記録なので28部位の記録しか残りません。

カウンセリング

4点法であれば、112部位の記録が残り、6点法であれば、168部位の記録が残ります。どの方法がより有益で正確な情報でしょうか?また、6点法ではどのくらい検査に時間がかかるでしょうか?

さらに、歯周炎は部位特異性という特徴があり、歯の周りの歯ぐきの炎症や溝の深さは同じ1本の歯でもそれぞれの部位によって異なっています。つまり歯の周りを全周検査しないと部位特異性が把握できないということになります。

1点法で歯の周りの歯ぐきの炎症がどの程度把握できるでしょうか?

また、検査で重要なことは、歯周炎の炎症がどの程度改善したのかを同じ基準で長期的に比較することです。

しかしながら、保険の検査では、保険点数上必要がある場合だけ4点法・6点法などの検査を行なっているケースもあるようです。つまり、初回の検査は1点法で行い治療後は4点法・6点法で行うなどです。

診断

これでどうやって複雑な病態を有する歯周炎の炎症状態を正確に比較していくのでしょうか?

また、最初の検査は長期的な歯周炎治療の成功を導くために非常に重要なことがわかっています。1点法の検査では、患者さんの歯ぐきの健康を維持・改善するための情報が少なすぎると考えます。

さらに、歯周炎は進行度によって非常に複雑な病態を呈していることも多々あるため、診断を行うための歯周組織検査・X線写真撮影・口腔内写真撮影やリスク検査などの資料採取に非常に時間がかかります。

安い保険点数で時間を十分にかけて学問的に適切な歯周組織検査を行うことが経営的に難しいという点も保険で行う検査の限界であると思われます。

我々は、歯周炎の炎症状態を学問的に適切に・可能な限り正確に把握するために6点法の歯周ポケット測定・歯ぐきの退縮量・クリニカルアタッチメントレベル測定を行い、さらに分岐部病変診査・歯の動揺度の測定・ブラッシング状態のチェック・歯ぐきの出血の有無などを毎回チェックしています。

治療の限界

歯周炎は生活習慣病なので、歯周炎治療を行なって患者さんの大切な歯を長期的に機能的に保存していくためには、患者さんに協力していただき生活習慣を改善していただく必要があります。

また、歯周炎治療は、重症度やリスクに沿った個人に合った治療を行なっていくことが非常に重要です。

治療の説明

しかしながら、保険の歯周炎治療ではリスクの高い患者さんの歯周治療とリスクの低い患者さんの治療が同じ保険点数であったり、歯周炎を適切に予防・治療するための知識・技術を有する専門医の治療と一般歯科医師(歯科衛生士)の治療に対する保険点数が同じであったりします。

治療の選択に関しても、学問的に成功を導く可能性がより高い治療方法も保険が使えないようなケースもあります。