Implantsインプラント治療

安心・安全なインプラント治療

なぜ、アメリカ歯周病・インプラント専門医のインプラント治療が
優れているのか?

岸本院長

アメリカ歯周病・インプラント専門医は、インプラント学に関する座学や多くの治療計画や症例発表と実際の患者さんのインプラント治療を通して3年間専門的なトレーニングを米国で受けており、アメリカ歯周病学会ボード認定専門医のサーティフィケートには
「歯周炎とインプラント外科に関する理論とその実践において高度な知識・技術・経験と十分なエビデンスを有する」
と記されています。

同様に、通常のインプラント治療だけではなく、インプラント周囲炎などのインプラント治療の合併症についてもアメリカ歯周病学会の治療ガイドラインではインプラント周囲炎は歯周病専門医によって治療されることを推奨しています。

骨がなくてインプラントできない
と言われた方へ

当院では、サイナスリフトや、ソケットリフト、GBRなどの治療方法がございますので、他の医院様に「骨がないのでインプラントできません」と言われても、当院でインプラント治療を受けられる可能性がございますので、まずはご相談ください。

サイナスリフト

サイナスリフト

歯を抜いた後に、上顎洞底が下がってしまった患者さんに対してインプラント治療を行う時にサイナスリフトを併用して治療を行います。サイナスリフトには主にクレスタルアプローチとラテラルアプローチがあります。

インプラント埋入を同時に行うことができる場合もありますが、骨の高さや量が少ない場合などは骨ができるまで待ってからインプラント治療を行なっていく場合もあります。当院ではモダンインプラントで成績が良好となるような根拠に基づいて治療に用いる材料の選択やサイナスリフト治療のアプローチ選択をしております。

ソケットリフト

歯を抜いた後に、上顎洞底が下がってしまった患者さんに対してインプラント治療を行う時にソケットリフトを併用して治療を行います。インプラントが安定して固定できる範囲の骨が周りにあるけれど標準的なインプラント長さを埋入できる程の骨の高さが足りない場合に、ソケットリフトという上顎洞底を上げて骨を作るようなアプローチを用います。

当院ではモダンインプラントで成績が良好となるような根拠に基づいて治療に用いる材料の選択やソケットリフト治療の選択をしております。

ソケットリフト
GBR

GBR

GBRとはGuided bone regeneration(ガイデッドボーンリジェネレーション、骨誘導再生)の略で、インプラントをするための骨がない場合に骨を作ったり、インプラント周囲に骨を作ることです。一般的には骨となる材料と膜を使用して骨を誘導する治療方法のことを指します。

また、骨がどのくらい無くなっているかによって使用する材料やテクニック・治癒期間は異なります。骨がないのでインプラント治療ができないと言われた患者さんにもこの治療を行うことでインプラント治療が可能になります。

インプラントの失敗が不安な方

岸本先生資格、専門医証明書

インプラント治療の失敗や治療後の合併症に関連するリスクには様々な要因が報告されておりますが、当院では、それらのリスクをできる限り排除した状態でインプラント治療を行なっております。それらのリスクに関する医学情報は近年アップデートされて蓄積されて昔のデータと変化してきております。

アメリカ歯周病・インプラント専門医は、インプラント治療の失敗や合併症に関するリスクに関しての知識・技術をアップデートしていくことで、出来るだけ最新の的確な医学情報に基づいて患者さんにご説明しております。

その中には、歯科医院サイドでコントロールできない要因などもありますが、ご自身の体の一部である大切な歯やインプラントを長期的に機能的に健康な状態に保つために患者さんにご協力していただく必要がある要因もいくつか含まれております。

前歯のインプラント治療

前歯のインプラント治療は骨の厚みや歯ぐきの厚みや形の違い、さらには顔と唇・歯や歯ぐきの位置のバランスなどによって治療の難易度や方法が変わってきます。

つまりそれはその人に合った治療法を選択する必要があります。歯を抜くときにインプラントを埋入することができる人もいれば、骨がなくてインプラントが埋入できないのでまず骨を作ってからある一定期間待って治療を行なっていく必要がある人もいらっしゃいます。

岸本先生と相談

一般的に、前歯のインプラント治療はその骨と歯ぐきの薄さから、臼歯部よりも難易度が高いことが多いです。アメリカ歯周病インプラント専門医は、インプラントするための骨を作ることや歯ぐきのマネージメントをするための知識や技術を習得するトレーニングを受けておりますので、他院でインプラントができないと言われた方などご相談下さい。